~ドクターの為の米国式臨床プログラム~松浦顯の根管治療マスタークラス

歯科医療というのは日進月歩の壮大な学問であり、歯科医師は日々診療と並行して学びを得ていかなければいけない大変な職業であると思います。

特に根管治療は症例の難易度も幅が広く、日常的に患者さんも多いので永遠の学問と言ってもよいのではないでしょうか。

また、健康意識が高まっている昨今では、できるだけ自分の歯を残したいと考える患者様は増えているので…

根管治療において正しい知識を身に着け、正しい治療を行わないとこれからの患者様のニーズに対応できなくなります。

ですので、「自分が仕上げまでやるかやらないか」ということは置いておいたとしても、根管治療を学び習得していくことは歯科医師の大きな使命の1つであると言っても決して大げさな話ではないと思います。

そして、この使命にはまっとうするだけの価値が確実にあります。

では一体どうすればいいのか?

そこで今、日本で歯科医師として活躍している先生に学んでほしいのが論文(エビデンス)に基づく根管治療です。

日々行う根管治療の主は保険治療が多いですが特に重要なのは自費領域の治療です。

日本のドクターはどうしてもここが日常的に学ぶことができていないのが現実かと思います。

その結果、神経をとってもなかなか痛みが消えないとか、細菌感染して膿がたまってしまうなどなど。

義歯の治療などと同じようにゴールが見えないドツボにはまることが多いのではないでしょうか。

ですので、苦手意識が高い先生も多くいらっしゃるでしょうしなかなか上達もできない。

でも、それは仕方のないことだと思うんです。

根管治療において何が正しいかなどといった「答え」がわかっていないのですから。

答えのわからないことをやっていても上達するわけないんですよね。

そこで出番なのが私のような歯内療法の専門医です。

松浦 顯
松浦 顯

米国歯内療法専門医
松浦 顯

プロフィール詳細を見る

2002年長崎大学歯学部卒業。GPとして歯科治療全般に携わった後に渡米。南カリフォルニア大学歯学部歯内療法科大学院へ留学。2016年同大学を卒業、米国歯内療法専門医を取得。九州地区唯一の米国歯内療法専門医として(医)精密会まつうら歯科医院・歯内療法専門室にてグローバルスタンダードな根管治療を提供。多くの歯科医師・患者様より支持を集める。セミナーや講演活動など広く啓蒙活動を行うも、病気療養につき一時中断。奇跡的に回復され、使命を新たにフライングドクターとして活躍している。

■ 経歴

1975年
島根県松江市出身
2002年
長崎大学歯学部卒業
2016年
南カリフォルニア大学歯学部歯内療法科大学院卒業
2016年
米国歯内療法専門医
現在に至る

■ 所属学会・団体

  • AAE(American Association of Endodontists) Specialist member
  • まつうら歯内療法研修会主宰

私は2002年に歯科医師免許を取得後、勤務医として経験を積んだ後に2006年に開業したのですが、次第にアメリカの治療技術や考え方に興味を抱くようになり2014年から2年間、南カルフォルニア大学にて専門医過程を学びました。

その過程において、特に根管治療への取り組みや考え方の違いに衝撃を受け、アメリカでは通常専門医が行う根管治療の基礎を徹底して学びました。

なぜ私がアメリカでの根管治療の研究にのめり込んだかと言うと、治療法が日本とは180度違うこともそうでしたが、日本で治療している際、治療が終わっても「また痛みが出てきた」と患者様から言われることもあり…

その原因が治療法や考え方にあると気付いたからです。

ご存じの通り、根管治療が終わり暫くしてから痛みを訴える患者様は少なくありません。

その際、再度レントゲンを撮るなどして検査をしても、異常はなしというケースが多いのですが…

そもそも「その原因」に気付くことができない歯科医師が非常に多いことは事実です。

では、本来であれば、どのような根管治療を行うべきなのでしょうか。

私の知っている限りは、「根管形成できる余地が高く根尖病変がなければ根管治療の成功率は高い」という1つの結論があります。

これは私が勝手に言っているのではなく、根管治療について書かれた数多くの海外の論文ですでに示されている答えなのです。

そしてここが最大のポイントです。

私が、アメリカで学び得てきたものは、根管治療を学問として突き詰め、エビデンスに基づいたものであって私の個人的な見解は一切入ってないんです。

というか私の意見や主観なんて入れる必要はないんです。

根管治療はエビデンスが全てなのです。

ですので、私が学んできたことの意義というのはただ一つ…

多くの症例でエビデンスに基づいた治療を行い、検証作業を済ませたこと。これだけです。

ですがここが普通の歯科医師の先生とは大きく異るところだと思います。

例えばですが、根管治療はエビデンスが全てだと言われて論文が掲載された資料をまとめてポンっとわたされてもどうしていいかわからなく困りますよね。

だから私のように専門的に検証を行ってきた歯科医師が必要なのです。

実際に身近な歯科医師が検証したかどうか。

実際に検証した歯科医師による解説があるかないか。

これによって信憑性もわかりやすさも大きく変わってくるでしょう。

しかしながら、私のような活動をしてきた先生はなかなか日本にはいらっしゃらないのが現状です。

ですので、私のアメリカ仕込みの歯内療法の専門医としての経験と たくさんの症例にてエビデンスに基づいた治療法の検証作業をしてきた…

私が生身で得た情報をそのまま日本のドクターにお伝えするための グループを作りました。

それが、ドクターの為の米国式臨床プログラム「松浦顯の根管治療マスタークラス」です。

今回、私が講師を務めさせていただくプログラムのお話をする前に 予め言っておきたいことがあります。

それは、エビデンスに基づいた根管治療を学ぶ上で…

選択肢は「松浦顯の根管治療マスタークラス」だけが全てではないということです。

簡易的な説明がされている書物や、臨床セミナーもたまに見かけますし、勉強会も他にあるとは思います。

しかし、アメリカのエビデンスに基づいた治療に重点をおいていることは少なく皆、個人の経験則や日本の古い理論に重きを置いた治療法ばかりのように見受けられます。

また、内輪でやっているような排他的でちょっと息苦しい勉強会もあるのでそういう場合は長続きできないでしょう。

正直、私が参加していた勉強会はそういったものも多く、長く続けられるものではなかったです。

だからといって、他の米国歯内療法専門医に連絡してアポイントをとって名刺を渡して頼み込んで、症例をみせてもらった上で解説までしてもらう…

歯科の学問は時間をかけて数多くの症例に触れていく必要があるので三日坊主だったり継続的に症例を研究できないと何も身につかないし時間の無駄です。

ですので、なんというか簡単に一言で言ってしまうと…

「私にお任せいただくのが一番手っ取り早いし確実」だとは思います。

私はフライングドクターとして比較的に自由な身ですし日本のスタディーグループなどには最低限しか所属していないのでしがらみというしがらみはほとんどありません。

もちろん無理やり仲間に引き込む気はないですし来るもの拒む必要もなく、去る者をわざわざ追うこともない。

といったスタンスです。

そして、他のことはわからないですが米国式の根管治療においては力になれるキャリアと実績は十分にあると自負しています。

また、マイクロスコープなどの高額な機材を必要としないやり方もあるので設備投資の状況で格差がでないような講義をすることもできます。

つまり、「松浦顯の根管治療マスタークラス」は医院の立地や環境に左右されず歯科医師としての使命感があればどなたでも参加して継続的に学ぶことができるのです。

ちなみに、私の場合、治療は「全て自費」で行っていますので私のお伝えできることは自費診療の領域のものがほとんどになります。

もちろん、根管治療は保険の範囲でやりくりする方針の先生もいらっしゃるかと思います。

保険診療は患者様にとっては選択しやすいかもしれませんが、歯科医師からしてみれば自費診療であれば…

制約の大きな領域から外に目を向け、きちんとした技術と根拠を基に医院側のリスクも押さえ安心して治療を行うことができるようになるわけですから…

まさに自費での根管治療は三方よしの技術なのです。

また、ここで1つ非常に大切なことをお伝えしておきます。

それは、根管治療において大事なことはあくまでも患者ファーストであり、症例によっては外科的なアプローチも必要な場合もあるので…

自分ではできないと判断した場合は専門医に投げる(依頼する)ことが正しいということです。

だからこそ、自分が対応できるかどうかの判断の為の知識が必要になるわけです。

患者を症例として見て自分の探求心を満たすためだけの勉強ではなく引き際もわかるようになるあくまでも患者ファーストの技術を学んでほしいのです。

しかしながら、私が一方的に話していてもなかなか信憑性にかけると思いますので私が講師を務める勉強会を受講していただいた先生がアンケートで答えてくれた実際の感想を幾つかご紹介したいと思います。

松浦顯による米国式の根管治療勉強会の参加者様の声

私と一緒に学びを得てくれた先生には最大限のサポートをさせていただくことにしました。

こんなことを言ったら元も子もないかもしれませんが…

現役の歯科医師はエビデンスに基づいた根管治療を勉強しましょうと言ったところで

こんなことは本来いくらでも避けて通ることもできてしまいます。

保険の範囲だけできるようになって他は専門医に丸投げしてしまえばそれはそれで医院経営はできてしまうわけですから。

だからこそ、歯科医師の使命感を原動力に特殊な鍛錬を積んでいこうという先生にはささやかながら応援をしたいと思っております。

ですので…

「松浦顯の根管治療マスタークラス」へのご加入で 期間限定の特典を2つ付けさせていただきます。

特典1

特典1

特徴

提供サービス

費用

人数制限あり!

各金額

入会特典

先着順になります

いかがでしたでしょうか?

やはり臨床というのは色々な症例に触れることが大切であり、いつでも質問できる環境、いつでも患者様を紹介できる環境を確保するというのは大変有意義なものかと思います。

そして、このような世界水準の根管治療を自宅に居ながらにして、 この価格で継続的に勉強することができるサービスは他にはなかなかない画期的なものだと自負しております。

基本はオンラインでの情報提供とはなりますが、だからこそ私も会員になっていただいた先生には可能な限り親密に接していきたいし、ご相談にも乗りたいと思っています。

ですので…

松浦顯の根管治療マスタークラスへのご加入には定員を設けさせていただきます。

初回の制限は先着150名様までとなっております。

状況によっては多少の定員枠の拡大はあるかもしれませんが基本的には定員がいっぱいになったら、ご退会者がでるまではご入会いただくことができなくります。

誠に申し訳ございませんが何卒ご理解いただけますと幸いです。

最期になりますが私は、米国歯内療法の専門医として活動して得たものは社会的なステータスやお金ではなく、歯科医師として誇りだと思っています。

根管治療という幅広い学問を、論文を基に攻略していき患者様に最善の治療を行える歯科医師というのは私は大変価値のある医療従事者だと思います。

正直なお話。私の行っていることは誰でも簡単にできるとは言いません。非常に難しい臨床もあります。

ですが、歯科医師の先生であれば積極的に学んでいくべきものだとは思います。

その為の場とタイミングは私が作りましたのでどうかこの機会に新しい挑戦をしてみてください。

松浦 顯

月額会員15,000円の月間会員のお申込みはこちら

年額会員160,000円の年間会員のお申込みはこちら

インフォメーション

『~ドクターの為の米国式臨床プログラム~松浦顯の根管治療マスタークラス』へのご質問は下記までお願いします。

TEL : 03-5295-5629 FAX : 03-3526-2310
E-mail : support@endomatsuura-tx.com

歯科医療総研『~ドクターの為の米国式臨床プログラム~松浦顯の根管治療マスタークラス』運営担当宛て
受付時間 : 10:00 ~ 17:00(土日祝を除く)

Q&A

Q.
誰でも参加できますか?
A.
申し訳ございません。「松浦顯の根管治療マスタークラス」にお申込みいただけるのは、歯科医師の先生のみです。「松浦顯の根管治療マスタークラス」での学びを活かして実際に患者様に向き合っていただきたいと考えておりますのでご期待ください。
Q.
返金制度はありますか?
A.
申し訳ございません。「松浦顯の根管治療マスタークラス」の考え方が、必ずしもすべての人にフィットするとは言えません。そのため内容をよくお読みいただき、「松浦顯の根管治療マスタークラス」の主旨をあらかじめご理解頂いた上で、お申し込み下さいますようお願い致します。
Q.
入会金の分割払いはできますか?
A.
申し訳ございません、入会金は一括払いのみでのご案内となっております。
Q.
クレジットカード以外の支払いはできますか?
A.
申し訳ございませんが、原則としてクレジットカードでの決済をお願いしております。クレジットカード以外の支払いをご希望の際は、support@endomatsuura-tx.comまでお問い合わせくださいませ。
Q.
領収書をお願いしたいのですが…
A.
申し訳ございません。弊社では原則と致しまして領収書の発行はしておりません。クレジットカードの明細書がカード会社より発行されますので、こちらが領収書の代わりとなります。担当の税務会計士がおられる場合、別途、注文完了時に届きます、「注文完了メール」を添えて提出いただければと思います。
Q.
申し込み後の、途中退会はできるのでしょうか?
A.
年間会員は、12ヶ月が過ぎるまで途中退会はできませんので、お申込みされる前に、内容をしっかりと確認の上、ご理解いただいた上で参加されることを決定してください。月間会員の方は、毎月25日までに退会の旨をメールにてご連絡いただければ、こちらで退会手続きを行います。また、その際必ず、お名前と医院名、サービス名を明記してくださいますようお願いします。退会の手続きが終わり次第、メールにてお知らせ致します。一旦退会され、再度「松浦顯の根管治療マスタークラス」へ入会される際は、新規入会金が必要になりますので、あらかじめご了承ください。
Q.
個人情報をインターネット上で登録するのは少し不安です…
A.
当申し込みページでは、SSL(Secure Socket Layer)を導入しております。SSLとは、ご登録いただいた個人情報を暗号化させ、情報の漏えいを防ぐシステムです。よって、こちらのページから情報が流出するということはございませんので、ご安心くださいませ。
Q.
年会員への入会を検討しています。更新はどのように行うのでしょうか?
A.
年度更新につきましては、自動更新とさせていただいております。退会ご希望のお客様は更新月の前月25日までに事務局までご連絡くださいませ。
Q.
クレジットカードの明細書に「株式会社ペイフォワード」とあるのですが、これは何でしょうか?
A.
困惑をさせてしまい、大変申し訳ございません。こちらは「松浦顯の根管治療マスタークラス」の運営会社となります。形式上、運営会社の名前で明細には記載をさせていただいております。「松浦顯の根管治療マスタークラス」と認識いただければ幸いでございます。ご理解の程よろしくお願い致します。

月額会員15,000円の月間会員のお申込みはこちら

年額会員160,000円の年間会員のお申込みはこちら

インフォメーション

『~ドクターの為の米国式臨床プログラム~松浦顯の根管治療マスタークラス』へのご質問は下記までお願いします。

TEL : 03-5295-5629 FAX : 03-3526-2310
E-mail : support@endomatsuura-tx.com

歯科医療総研『~ドクターの為の米国式臨床プログラム~松浦顯の根管治療マスタークラス』運営担当宛て
受付時間 : 10:00 ~ 17:00(土日祝を除く)

Copyright (c) 歯科医療総研 All Rights Reserved.

PAGE TOP